機能と価格をチェックして作業に最適な土のう袋と養生シートを探そう

建築現場に必要なアイテムは多数ある

建築現場では様々なアイテムが使われますが、なかでもマルチな使い方ができて重宝するのが土のう袋や養生シートです。土のう袋は積み上げたり並べたりして使うのが基本です。たとえば斜面の側面に積み上げることで崩落を防いだり、湧き出た水が作業現場に入り込まないように水止めとして使用したりします。また建築現場ではガラと呼ばれる様々なゴミが出ますが、土のう袋は丈夫なので簡易のガラ入れとしても使用することが可能です。養生シートは大切な資材などに傷をつけないための保護シートとして使うのが基本です。例えば重量のある木材などはそのまま地面に置いてしまうと傷がついてしまいますが、養生シートで保護しておけば傷がつくのを防ぐことができます。そのほか、養生シートは資材が雨に濡れるのを防ぐカバーとして使うこともできます。このように土のう袋や養生シートはアイデア次第でフレキシブルな使い方ができるので、建築現場にあればとても重宝するのです。

人気の記事

建設現場

通販で簡単購入

工事現場で床や壁を保護するために使うシートのことを、養生シートと呼んでいます。これはサイズや素材によって値段は大きく変わるものです。ですから、相場らしい相場はないと考えましょう。自分たちが必要としているものを業者に頼んで作ってもらうのが一般的です。

READ MORE
土嚢

入れ物としても役立つ

土のう袋は色んな材質や種類があり、様々な現場や場所で活躍し、身近な所でたくさんの人々に役立つ便利な袋です。

READ MORE

新着情報

「土のう袋」や「養生シート」はコストダウンを図ることも可能

土のう袋の単価は安いものです。しかしスタンダードな土のう袋は一回限りの使い捨てタイプとなっているので、大量に使うとなるとコストもかさんできます。そこでコストダウンに頭を悩ませている方におすすめなのがリサイクルタイプの土のう袋です。このリサイクルタイプの土のう袋は繰り返し使うことができるようになっています。リサイクルタイプの土のう袋の中には特殊なポリマーが入っているので、そもそも土を入れる必要がありません。水をかければすぐに土のうとして使うことができるので、土のうを用意する作業時間を劇的に短縮することができます。また使用後は野外でしっかりと乾燥させれば再び再利用することができるのでコストダウンに大活躍します。養生シートの悩ましい点は何度も使うと破れることが多い点です。そのため基本的に養生シートも短期間での使い捨てが原則となっています。しかし最近では従来までの養生シートよりもはるかに耐久性の高い養生シートも登場しています。このような養生シートを利用すれば、長い目で見ると大幅にコストダウンすることが可能です。

[PR]

観覧席セッティング情報!
製品ラインナップをチェック♪ 工具専門の通販サイト!
高品質な製品が満載☆ 土質改良機(ふるい)機のレンタルができる!
高品質な製品が満載☆ 土のう袋を販売中
コンパクトだから収納しやすい!

即座に使用できる便利機能

男の人

納品実績も確認した上で購入する

土のう袋や養生シートはインターネット通販での購入が便利です。しかしインターネット通販で購入する際には価格ばかりにとらわれず、納品実績をしっかりと確認してから購入するようにしましょう。納品実績の確認は口コミなどのチェックが効果的です。様々な通販サイトから同一の販売店をチェックすれば、納品実績をしっかりと調べることができます。

納品スピードや製品の質の良さもチェック

納品実績と同様に納品スピードや製品の質の良さもしっかりチェックしておきたいところです。しかしインターネット通販で購入する場合は製品を手に取ってチェックすることはできません。そこで納品実績を調べたときと同様に納品スピードや製品の質の良さも、納品実績の時と同様に口コミを参考にしてチェックしましょう。大量に購入する場合はサンプルとして小ロットで購入してみることをおすすめします。そうすれば実際の製品を手に取ってチェックすることができることにくわえ、納品スピードも確認することができます。