通販で簡単購入|製品によって違う価格と利便性!土のう袋や養生シートはコスパで選ぶ

素材や長さで異なる養生シートは、購入前に比較してみる

通販で簡単購入

建設現場

養生シートの相場っていくら?

養生シートというのは、主に工事現場で使われる保護用のシートのことです。足元に広げて床や地面を汚さないようにすることもあれば、壁を守るために使われることもあります。工事現場全体を包み込むように周りをこれで覆うこともありますね。養生シートがあるおかげで作業がしやすくなるので、工事現場には必須のアイテムです。
このシートは、現在様々な種類が開発・販売されています。また、どれだけの幅と長さのものを購入するのかでも値段は変化します。ですから、相場というものはないと考えるのが普通です。ケースバイケースで判断していくしかありません。

養生シートの種類や素材

種類が豊富なのが、養生シートの特徴です。まず、目的によってサイズも素材も値段もすべて変わってきます。足元に敷いて床を汚さないようにするだけのものなら、使い捨て用のものが数千円で購入できます。ロールタイプのものなら安価で軽いので使い勝手は良好です。こうしたタイプのものは、ポリエチレンで作られていることが多いです。
ブルーシートに代表されるクロスシートも選べますね。こちらは多少丈夫になりますし、使い捨てではなく何度でも使っていけるものとなります。他にもエンボス素材で作られているシートもあれば、防炎など特別な加工が施されているシートもあります。

無料で見積もり可能な業者が多い

使い捨てるタイプのものや既製品を購入するだけなら、普通の通販サイトでも問題ありません。大手通販サイトに行って色々な商品を見つけて、好きなだけ購入することができます。ただ、養生シート専用の通販サイトもあるので、より本格的なものが欲しければそちらを利用してみるのもいいですね。品揃えはもちろん専用サイトのほうが上なのでメリットはあります。サイズを自由に設定できたりと便利なことが多いので、困ったら専用サイトに頼るのが正解でしょう。さらに中には、オリジナルの養生シートの注文をすることができるサイトもあります。見積もりは無料な場合が多いので、自分たちの目的や必要になるサイズと素材を伝えて、いくらぐらいになりそうか聞いてみるといいでしょう。

返品・交換が出来るか注文前に確認しよう

割とサイズも大きく、値段も高い買い物になってしまうことが多いですから、事前に返品や交換がしてもらえるかのチェックは必須です。既製品の購入なら、返品可能だというケースが多いので安心してもいいかもしれませんね。未使用のものなら、返品を受け付けてくれる業者が多いです。ただし、オリジナルの養生シートを注文した場合は、原則として返品はさせてもらえないので知っておきましょう。それはもちろん、返品をしたところでオリジナルなものは別の人に売ることができないからでしょう。その会社のロゴやイラストを印刷してしまっていると、もうどうしようもありません。交換も難しくなるので、その点は事前に理解し、対策を講じておくべきです。

養生シートの注文から納品までの流れ

一番最初にやることは問い合わせ

オリジナルなデザインの養生シートを注文するなら、まずは問い合わせるところから始めるのがセオリーです。オリジナルなものは、サイズはもちろん素材もカスタマイズするのが当たり前ですし、独自デザインの印刷をするのなら、その確認も必要になります。簡単な注文ならオンラインで一発でできますが、完全オリジナルなシートとなると、担当者と話をする必要が出てきます。ですから、まずはメールか電話をするところから始めます。

相談の上で仕様を完璧に決める

見積もり時には、何のために使うのかやどこで使うのかで、サイズや素材を決めていくこととなります。予算の範囲内で最も良い選択をしなければならないので、この部分には相当な時間をかけるべきです。広告のために使うこともできるのが養生シートですが、文字やイラストを印刷したいなら、そのデザインについても相談しなければいけません。

注文をすれば工場で作ってくれる

仕様が決まれば、後は正式に注文をするだけです。注文後は、業者が工場で仕様通りに作ってくれるので安心です。送ったデータ通りに寸分の狂いもなく印刷してもらえるので、その点も安心していいでしょう。今の印刷技術レベルは非常に高く、しかもデジタルが基本となるので、出来上がりがイメージと違うということにはなりにくいです。時には非常に大きなサイズの印刷になることもありますが、それも特殊な方法を使ってきれいに印刷してくれます。

後日完成品が指定住所に届けられる

商品が完成すると、指定した住所まで届けてもらえます。時にはトラックいっぱいのサイズになることもあるので、届けてもらえるのは助かりますね。養生シートを通販で注文するのがいいのは、この点も大きく影響しています。返品ができる場合でも期限は一週間ほどなのが普通ですから、商品が届けられたら、すぐ使うのでなくても一回は広げて問題がないかチェックするのがいいでしょう。